ペニス増大サプリの成分目安

ペニス増大サプリを選ぶ際には、大勢の人が公式サイトや通販での宣伝を参考にすることでしょう。その際に注意すべきなのは提示されている数字で、特に成分の量にこだわりたい場合には重要になってきます。

ペニス増大サプリの定番としてほとんどの製品に含まれているアルギニンとシトルリンは、それぞれ高い効果を発揮させるために目安となる量が決まっています。アルギニンであれば1日に大体2000mgから4000mgで、シトルリンは800mgが基本です。

ペニス増大サプリには成分で含まれているものの他に、素材として使用されるものも数多くあります。牡蠣やガラナなどがその代表例ですが、あくまでもそれらが素材でどれだけ使用されるかが示されるだけなので、成分の内訳はわからないことが多いです。そのためプラスアルファ程度に捉えておいた方が良いかもしれません。ただ素材がわかっていれば大体の成分量を突き止めるのは、時間と手間がかかりますが不可能ではありません。

必要な量が入っているかで考えましょう

ペニス増大サプリでは、ひとセットの中に含まれている成分全てをまとめて提示している場合も少なくありません。30日分を合計すると、当然量は多くなります。しかし1日単位で見てみると目安に届いていないということになりかねません。したがって選ぶ際はあくまでも1日の成分量をしっかりと計算して、求めるだけ含まれているか、コスト的に見あっているかを冷静に考えましょう。

また単位で誤魔化そうとしてくるものもあるので、数字の大きさのみを信じ切ってしまってはいけません。特にmgがその手法として使用されますが、それはgの1000分の1単位でしかありません。つまり3g配合されているとしたら、3000mgという表示ができるわけです。実際に比較してみると0の数が大きい方が、大量に配合されていると捉えてしまうのもわかるはずです。ただペニス増大サプリでのmg表記自体はそう珍しくはないため、比較するものの基準を統一することだけ意識しましょう。

まとめ

ペニス増大サプリの数は非常に多く、その中から選んでもらうために製造元は多種多様なアピールをしてきます。ただ利益を出さなければならないので、コストを抑える必要があります。

その結果として、宣伝内容に誇張が混じる可能性もあるでしょう、購入する側はそのことを把握して、あくまでも自分にとってのメリットのみを求めなければなりません。したがって成分を冷静に計算して、求める量がしっかり含まれているかどうかで選びましょう。